インプラントのメリット、デメリット

失った歯の変わりに、新たに人工の歯を装着する技術であるインプラント。このインプラントは、近年とても優れた技術であるとされて注目されています。それは今までの入れ歯の装着や、歯を抜いたままにして処置をしないことに比べてかなりのメリットがあるとされているからです。



しかし、その反面どのようなものにも二面性があるように優れた技術であるとされているインプラントにおいても、幾つかのデメリットも存在しています。それでは、インプラントのメリットとデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

手を動かして、情報を咀嚼すること | シゴタノ!

まずインプラントの代表的なメリットとしては、自分の歯として違和感なく使用できるということです。入れ歯であれば、ブリッジや吸着剤などによって不安定な固定がされていますから、なかなか自分の歯として使用することができません。その点、インプラントは人工の歯がしっかりと自分の顎に固定されていますので、自然な感覚で食べ物を食べることができるのです。また入れ歯に比べて見た目も違和感が無いというのも大きなメリットだと言えるでしょう。

ポリデント® ポリグリップ®『入れ歯快適ナビ』 | 入れ歯スタートガイド

では反対にデメリットとしてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。インプラントにおいて最大のメリットだとされるのは、手術が必要であることです。人工の歯を固定するためには、人工の歯根を顎に増設しなければなりません。ですから、その歯根の増設において少なからず身体的な負担がかかるのです。また、インプラントは基本的に医療保険の対象外とされていますので、その施術を行う費用は10割負担が原則となります。ですから一本当たり数十万円程度かかることとなり、経済的な負担が大きいというのもデメリットです。